イオン銀行カードローンBIG

 

キャッシングを考えているけれど、消費者金融は金利が高いしイメージ的にも抵抗があるという人も少なくないかもしれません。
 

特に、専業主婦は消費者金融だと審査対象外のところが多いです。
 

それに対し、銀行系カードローンは、専業主婦でもOKで金利設定も低めです。
 

審査スピードも、即日融資を実施したりと、消費者金融にも劣らないほど早くなってきています。
 

では、どこのカードローンがいいのでしょう?
 

主婦の方なら、よく行くスーパーでカードローンの利用や返済も一緒にできたら便利ですよね。
 

そこで今回は、小売店業大手のイオングループで運営するイオン銀行のカードローンに焦点を当ててみました。
 

知名度・信用度ともに高いイオン銀行で打ち出しているカードローンBIGとは、どのような商品なのでしょう。
 

  • 審査は甘い?厳しい?
  • 審査の対象は?
  • 毎月の返済額はどのくらい?

 

など、イオン銀行カードローンBIGに関する情報を詳しくご紹介します。
 

1.まずはイオン銀行に口座開設しましょう

 

銀行系カードローンを比較して、どこにしようか迷っているのなら、まずは気になる銀行の口座開設をしてしまうのがお勧めです。
 

特にイオン銀行は口座開設している状態でカードローンを申し込みした方が、断然便利です。
 

イオン銀行カードローンBIGは、イオン銀行に口座を有することが契約条件となります。
 

口座を持っていない状態でカードローンを申し込みすると、口座開設も同時申し込みとなります。
 

口座開設していない状態で申し込みをすると、契約完了(カード受け取り)までに最短でも9日、長ければ2週間前後かかってしまうこともあるのです。
 

しかし、イオン銀行に口座を持っていれば、カードの到着を待たずに融資を受けることが可能になるのです。
 

14時前の申し込みであれば、最短で即日融資も可能です。
 

カードローンの申し込みはインターネットからになりますが、口座開設はお近くの店舗でも手続き可能です。
 

口座開設も、郵送ですと結構時間がかかってしまいますから、急ぎの場合は店舗で手続きしましょう。
 

2.申し込みの流れ

 

イオン銀行カードローンBIGの申し込みの流れは、以下の通りとなります。
 

  • 1インターネットにて申し込み
  • 2審査結果の連絡
  • 3口座開設の手続き(郵送)
  • 4カード受け取り(郵送)

 

郵送が絡みますので、どうしてもカード受け取りまでには日数を要するようになります。
 

カード到着までには、イオン口座を事前に開設していた場合でも、最短で4日はかかりますので、余裕を持って予定を組みましょう。
 

自宅に郵送物が届きますので、家族にバレないかと心配する人もいるかもしれませんが、開封しない限りはカードローンの書類だとは気づかれませんので安心です。
 

3.商品内容を詳しく知ろう!

 

イオン銀行カードローンBIGが、具体的にどのような商品なのか見ていきましょう。
 

金利面や返済方法、自動融資システムなど、メリットがたくさんです!

①審査対象条件や金利など

 

審査対象や条件、金利などは以下の通りとなります。
 

【審査対象年齢】20歳から65歳まで
【審査条件】安定かつ継続した収入があり(専業主婦でも可。学生は不可。)、イオン銀行に口座を持っていること(同時申し込み可能)
【利率】3.8%~13.8%(極度額に応じて設定)
【借入極度額】30万円~800万円(100万円までは10万円単位、100万円以上は100万円単位)
【月々の返済額】3千円~(残高に応じて自動設定)

 

専業主婦の場合は極度額の上限が50万円となります。
 

金額的な制限はありますが、消費者金融などでは専業主婦への貸し付けを行っていないことを考えれば、かなり好条件であると言えるでしょう。
 

②利息は毎月どのくらい?

 

金利は変動金利(金融情勢により都度見直し有り)ですが、30万円~90万円までは13.8%で利用可能です。
 

やはり、低金利であることが銀行系カードローンの最大の強みです。
 

消費者金融(金利18%にて計算)と比較してみましょう。
 

30万円を30日間利用した場合の消費者金融の利息は、4,438円であるのに対し、イオン銀行は3,402円です。
 

なんと、利息だけで1000円以上も差が出てくるのです。
 

金利に関しては、さらにお得な情報があります。
 

③金利設定のここが良い!

 

金利は極度額に応じて、以下の通りに設定されます。
 

  • 30万円~90万円:13.8%
  • 100万円・200万円:8.8%
  • 300万円:7.8%
  • 400万円~600万円:4.8%
  • 700万円・800万円:3.8%

 

イオン銀行カードローンBIGの優れた点は、金利設定が借入額ではなく、極度額で決まることです。
 

どういうことかと言いますと、例えば審査で800万円までの審査が通ったとしたら、たとえ利用額が10万円だったとしても、金利は3.8%で計算されるのです。
 

ちなみに、②のように、30万円を3.8%で利用した場合の利息は、936円と、なんと1,000円を切るほど安いのです。
 

④毎月の返済額と返済方法は?

 

返済は、イオン銀行口座からの引き落としとなります。
 

引き落としなので、返済日を忘れることもありませんし、毎月の返済額が決まっていますので、返済計画を立てやすいという利点があります。
 

返済額は返済日前日の利用残高によって変わります。
 

なお、任意でATMで返済することもできます。
 

ATMで返済しても、毎月の引き落としはされますから、通帳の預金残高不足には気をつけましょう。
 

ただし、事前に申し込みしておけば、引き落としの際に預金残高不足だった時は融資枠から自動融資されるシステムを利用することもできます。
 

遅延利率は19.8%と一気に高くなりますので、うっかりしていて通帳にお金を入れ忘れた時などはに自動融資のシステムがあるととても便利です。
 

手数料などはかかりませんので、万が一のためにも申し込みしておくことをお勧めします。
 

4.銀行系はおまとめ向き

イオン銀行カードローンBIGの審査はどんな感じですか?
 

銀行系カードローンは、消費者金融とは異なり総量規制対象外なので、おまとめに適しています。
 

さらに、300万円までは原則収入証明書も不要ですので、書類をわざわざ探す手間もはぶくことができ、思い立った時にすぐ申し込みすることができます。
 

イオン銀行にはおまとめローンもありますが、こちらは上限極度額が700万円で下限金利が4.8%です。
 

カードローンBIGは上限極度額800万円、下限金利3.8%となっているので、審査結果次第ではカードローンBIGの方がお得になります。
 

もちろん審査内容が違いますので、おまとめローンは通るけれどカードローンBIGでは通らないというケースもあるとは思いますが、いずれにしても毎月の負担はかなり軽減されますので、複数社利用しているのであれば、一度相談してみましょう。
 

5.審査は厳しいのでしょうか?

 

消費者金融に比べると低金利な分、どうしても審査は少し厳しくなるのは致し方ないことかもしれません。
 

とは言え、よほど大きな問題がなければ大丈夫でしょうから、必要以上に恐れることはないと思われます。
 

少し注意しておきたいことと言えば、イオン銀行は、イオンクレジットサービスと経営統合しており、保証審査は信販系の審査となります。
 

そのため、銀行系審査で使用される信用情報機関のKSCに事故情報がなくても、クレジット系信用情報機関のCICに事故情報があれば、審査は難しくなってしまうでしょう。
 

事故情報は一定期間で消えますので、過去にクレジットカードの支払いでトラブルがあったのであれば、事前に情報を開示して現在はどのような状態になっているのか確認しておくとよいでしょう。
 

6.イオンでもコンビニでも利用できて便利!

 

銀行カードローンは追加利用の時や返済など、何かと不便なのでは?というイメージを持つ人も少なくないでしょう。
 

しかし、イオン銀行のカードローンBIGは利便性にも優れています。
 

一度カードを作ってしまえば、イオン銀行ATMはもちろん、コンビニや提携銀行、スマホ等からも365日利用・返済(一部除く)ができます。
 

しかも手数料無料です。
 

以上の通り、銀行系カードローンは、金利がかなり低めの設定になっていますので、初めてキャッシングをする人でも安心して利用することができます。
 

どうしても急ぎで利用したい場合は別ですが、いざというときのためにカードを持っておきたいと考えるならば、まずは銀行系カードローンに申し込んでみましょう。

⇒イオン銀行カードローンBIGの申し込みはこちら