アプラスパーソナルローン

貸金業法の改正と前後して、銀行系消費者金融が増えてきました。
 

過払い金返還で窮地に追い込まれる中小消費者金融が多い中、銀行と手を組んだ消費者金融に対しては、やはり高い信頼感を持つことができますね。
 

しかも、
 

  • 三井住友銀行とプロミス
  • 三菱東京UFJ銀行とアコム

など、メガバンクと大手消費者金融の組み合わせは、絶対的な安心感があります。
 

もちろん銀行系消費者金融はこの二つだけではありません。
 

今回は、そんな銀行系の一つであるアプラスパーソナルローンの審査・口コミについて解説します。
 

1.なぜアプラスパーソナルローンは知名度が低めなのか?

 

アプラスパーソナルローンは、新生銀行グループです。
 

新生銀行は、いわゆる新たな形態の銀行でありメガバンクほどの規模はありませんが、前身は日本長期信用銀行ですので、知名度的にはメガバンクに匹敵すると言っても過言ではないでしょう。
 

ですが、残念ながらアプラスパーソナルローンの知名度はそれほど高くありません。
 

①新生銀行の消費者金融はレイク?

 

知名度が低い理由の一つとして考えられるのが、レイクの存在です。
 

レイクといえば、現在は新生銀行のカードローンとして広く知られていますが、以前は単体の消費者金融でした。
 

そのイメージが根強く残っているために、
 

新生銀行グループの消費者金融=レイク
 

と誤認している人も多いのだと思われます。
 

加えて、消費者金融時代の無人契約機もそのまま利用されていますので、知名度のみならず利便性もレイクの方が高いと言わざるを得ません。
 

②アプラスと言えばクレジットカードというイメージが強い

 

もう一つの理由として考えられるのが、アプラスの存在です。
 

TUTAYAのT-POINTカードなどで馴染み深いので、クレジットカードの印象が強いのではないでしょうか?
 

アプラスという名前から消費者金融をイメージする人が少ないため、なかなかアプラスパーソナルローンの知名度が上がらないのだと思われます。
 

2.α倶楽部カードの特徴とは?

 

そんなアプラスパーソナルローンが販売する商品、α倶楽部カードには、どのような特徴があるのでしょうか?
 

①ポイントシステムでお得に利用!

 

α倶楽部カードは、返済ごとにポイントが付くシステムを採用しています。
 

貯まったポイントは素敵な景品と交換が可能ですから、毎月の返済が楽しくなりますね。
 

キャッシングする人にとって、返済は辛く険しい道のりだったりしますので、こうしたサービスがあると返済意欲が高まり、途中で挫折することなく完済できることでしょう。
 

②低金利でわかりやすい設定!

 

金利設定は6.90%~18.0%となっています。
 

他の消費者金融では、いくらの限度額だと金利が何%という明確な記載がないことが多く、その設定基準は曖昧です。
 

しかし、α倶楽部カードは、限度額に応じて設定金利の幅が決まっていますので、限度額が上がると確実に金利も下がることが約束されます。
 

貸付利率
 

特に、100万円~200万円の限度額なら、場合によっては銀行カードローンよりもお得になることもあるほど低金利なのです。
 

③ATMでの自由返済が可能!

 

返済方法は、基本的に口座引き落としとなりますが、電話一本でATM返済へ変更することもできます。
 

自身のライフスタイルに合わせて、使い勝手の良い返済方法を選びましょう。
 

契約内容を変更する際は、書面での手続きが必要な金融会社も多いので、この手軽さは嬉しいですね。
 

④審査について

 

中堅消費者金融と言えば、柔軟な審査をウリにする業者も多いのですが、α倶楽部カードの審査は少し厳しい傾向にあるようです。
 

もともとの本体であるアプラスがクレジットカード会社であるため、キャッシングのノウハウに関しては少し弱いところがあるのかもしれません。
 

ブラックにも対応していませんので、過去に債務整理や自己破産歴があると審査通過は難しいと言えます。
 

3.気になる口コミをチェック!

 

では、実際の口コミを見てみましょう。
 

①アプラスの気になる口コミとは?

 

アプラスパーソナルローンの口コミを調べていると、アプラスの気になる口コミが多数目につきました。
 

支払い方法が勝手にリボ払いになっていた
 

というものです。
 

・新サービス移行への告知が不十分だった?

 

これは、リボかえルというサービスが登場した時に、支払い方法切り替えの案内に行き違いがあり、多数の顧客が不満を持ってしまった結果、良くない口コミが増えてしまったという経緯があります。
 

この一件で解約を希望する人も続出したようです。
 

直接アプラスパーソナルローンとは関係ないとは言え、グループ会社である以上、同様のことが起こらないとも言い切れません。
 

契約内容を会社都合で変更する際に、どのような方法で連絡が来るかわかりませんので、少し注意しておいた方がよさそうです。
 

②手続きが少し面倒?

 

α倶楽部カードの口コミとしては、本人確認書類に関する手続きが面倒という声がありました。
 

  • 本籍など個人情報部分を塗りつぶす
  • 郵送しなければならない

というのが主な理由のようです。
 

ただ、これに関しては、個人情報を扱う金融業者の対応としては適したものであると思われます。
 

より慎重かつ丁寧に審査をしていると見ることもできますから、信頼性は高くなると言えるでしょう。
 

4.まとめ

 

残念ながら、アプラスパーソナルローンには、ここにしかないという唯一無二のサービスがありません。
 

同じ新生銀行グループなら、レイクの方が無利息サービスがあったり低金利のため利便性が高いと言えます。
 

ポイントサービスも、プロミスに似通ったサービスがある上、利息に充てる事ができるなどポイント利用の選択肢も幅広く便利です。
 

ただし、前述の通り100万円~200万円を利用する場合には、うまくいけば銀行カードローンよりも低金利で利用出来る可能性がありますから、その辺の金額を希望している人にはおすすめできます。
 

口コミなどから不信感を抱き、もっと安心感を持って利用したいと考えるならば、やはりプロミスなど大手消費者金融や、三井住友銀行カードローンなどに申し込みした方がいいかもしれませんね。