キャッシングの基本的な利用方法を解説します

はじめてキャッシングは、わからないことが多いのは当然です。
 

カードローン初心者限定!キャッシングの利用方法、困ったときはどうしようという内容を確認していきます。
 

最近はインターネットのみで契約が終了するケースも多く、「契約内容、利用方法がよくわからないまま利用をして延滞をした。」などの声もよく上がります。
 

有名大手消費者金融のコールセンターに寄せられた、初心者ならではの質問も網羅した内容になっています。
 

今回は利用方法について焦点を当てていきますので、申し込み方法や審査内容についての説明には触れません。
 

1.キャッシングは限度額契約です

 

消費者金融は、契約後に専用のカードが発行されます。あらかじめ決められた限度額の範囲内で利用することができます。
 

限度額が10万円、30万円、50万円でスタートするケースが多く、初回から全額を利用しなくても構いません。例えば、10万円の限度額に設定された場合、初回利用は5万円だけ使うという方法で良いのです。
 

①限度額利用のイメージは貯金と同じです

 

貯金の引き出しを考えると分かりやすいでしょう。10万円の限度額で5万円利用した場合には、あと5万円利用できる。このようなイメージです。
 

②カード利用方法、消費者金融ATMやコンビニが利用できます

 

消費者金融での契約後カードの利用は、
 

  • 消費者金融のATM
  • コンビニATM

 

などで利用ができます。消費者金融は、契約した会社のATMのみ利用可能です。
 

プロミスで契約した場合にアコムのATMでは利用できません。
 

コンビニATMは利用の都度手数料がかかります。コンビニはセブン銀行ATMならどこの消費者金融の利用も可能です。
 

セブン銀行以外のコンビニや銀行ATMで入出金可能なコンビニが多くありますが、返済のみ可能、利用のみ可能としているものも多いので利用の際は注意が必要です。
 

利用できる提携先ATMは契約後に、利用の手引きや、利用規約に記載が必ずあるので、確認しておくことをおすすめします。
 

③振込融資も利用可能です

 

女性ユーザーに多いのですが、キャッシングするときは自分の銀行に振り込んでもらい、銀行口座から引き出すように利用する人も増えています。
 

振込借り入れを利用したい場合には、消費者金融へ電話、インターネットログインで借り入れの操作をすることで実施されます。
 

2.利息の計算方法について

 

利息の計算方法
 

100万円未満の限度額で契約した場合、基本的に利率は18%になります。100万円を超える場合には法律の制限で15%になりますが、今回は18%で考えいきます。
 

①利息の計算方法

 

このようになります。金利18%の利用は10万円ごとに1,500円が毎月の利息と考えれば良いでしょう。
 

  • 10万円利用だと1,500円
  • 30万円だと4,500円
  • 50万円だと7,500円

 

これが消費者金融の金利です。
 

②毎回の入金で元金と利息はハーフ&ハーフ

 

毎月の返済金額の半分が元金、半分が利息に充当されます。目安程度に頭に入れておいてください。
 

続いて返済方法と返済金額について見ていきます。
 

3.返済方法について

 

利用したお金は利息をつけて返済をしなければいけません。続いて、返済金額と元金充当について触れていきます。
 

①毎月の返済金額について

 

消費者金融で契約をした場合の毎月の返済金額は、10万円ごとに3千円が目安です。30万円借りた場合には9千円、50万円利用の場合は15千円が返済金額になります。
 

限度額に応じて返済金額も変わりますが、30万円前後の限度額で契約した際、返済金額が10万円ごとに4千円に設定されることもあるので、利用後の利用明細書に返済金額の記載があるので確認しましょう。
 

②返済日は毎月指定か35日サイクル

 

35日サイクルの説明
 

35日サイクルとは、初回は利用した日の35日後が1回目の入金日、その次は入金した日の35日が次回の返済日になります。
 

35日あれば次の給料日など入金に都合の良い日が必ずあるので、都合の良い日に入金する。
 

例えば、毎月給料日が25日であれば、毎月25日に入金することで利用日数は30日か31日になるので、5日前後余裕を見た返済方法になるのです。
 

4.返済金額と元金充当金額について

 

返済には充当順位というものがあり、元金は一番最後になります。
 

少し難しい名前が出てきましたが、入金をした場合には充当順位というものがあるのです。
 

例えば15千円入金した場合だと、
 

  • 1.提携先ATM手数料
  • 2.遅延損害金
  • 3.利息
  • 4.元金

 

と、このように充当される順番が決まっています。
 

①実際の入金で計算しましょう

 

Aさんは消費者金融Xで50万円を利用しました。利用はコンビニATMを利用しており、今月のATM手数料は合計で864円です。
 

10日間延滞をしていたので延滞中の利息、遅延損害金は2,739円です。利息は30日利用で7,397円です。15,000円入金した場合の入金の内訳を確認しましょう。
 

  • 提携先ATM手数料=864円
  • 遅延損害金=2,739円
  • 利息=7,397円
  • 元金=4,000円

 

このようになり、今回は10日間延滞をしたので、15,000円の入金に対して、元金は4,000円入金されたということになります。
 

翌月の金利は、496,000円に18%をかけて利息を割り出しますので、利息部分が少し少なくなっている計算です。30日で計算してみてください。
 

利息が7,338円になっていれば利息計算方法は完璧ですね。15,000円ずつ入金していくと、このような利息計算で元金が減っていきます。
 

②返済計画を立てましょう

 

返済のみの場合で返済計画を確認しましょう。
 

30万円を借りて9,000円ずつ入金した場合、返済回数は48回です。総額の利息支払い金額は132,000円です。
 

50万円を同じように15,000円ずつ入金した場合、48回で完済できる計算になり、利息支払い分は220,000円です。
 

返済回数も48回ということは4年間支払い続ける必要があります。都合が良い時には多めに繰上げ返済をすることも可能なので、早めに終わらせるようにしましょう。
 

5.まとめ

 

基本的なカードローンの利用方法について説明をしました。
 

最近はインターネット契約が多いことから、ほとんど利用方法の説明もなくカードを交付されるケースが多く、利用方法を知らないということも多いのです。
 

キャッシングの借り入れは簡単ですが、返済するときは苦労します。事前に理解しておくことで、計画的に返済を進めることも可能でしょう。