ちばぎんカードローン

銀行カードローンに興味はあっても、いざ借りようと思うと、どこの銀行に申し込んだらいいか迷いますよね。
 

メガバンクは、安心できそうだけれど敷居が高いと敬遠する人もいるでしょう。
 

そうなると、自分の居住地に展開する地方銀行が狙い目となってきます。
 

銀行カードローンは、消費者金融と比べると審査は厳しいイメージがありますが、実際はどうなのかも気になるところではないでしょうか?
 

公式サイトを見ただけではわからない審査や評判を知ることで、より銀行カードローンが身近に感じられるでしょう。
 

今回は、ちばぎんカードローンの審査・評判について詳しく解説します。
 

1.ちばぎんのカードローンが、ひと皮むけました!

 

ちばぎんカードローンは、平成27年8月よりお笑いタレントの小島よしおさんを起用して、新たなプロモーションを展開しています。
 

キャッチコピーは、「ちばぎんのカードローンが、ひと皮むけました。」です。
 

では、どのように進化したのか見ていきましょう。
 

①WEB完結、即日融資が可能に!

 

千葉銀行の普通預金キャッシュカードを持っていれば、契約がWEBで完結できるようになりました。
 

ちばぎんカードローンを検索してここに訪れる人は、すでに千葉銀行に口座を保有している人も多いと思われますので、大体はWEB完結の対象なのではないでしょうか?
 

WEB完結なら、書類の提出も一切不要ですので、かなり簡単に手続きが可能です。
 

申し込み時間によっては、最短即日融資も可能という利便性の高さも嬉しいですね。
 

もちろん、口座を保有していなくても申し込みできますので、ご安心ください。
 

②所得証明書一切不要!

 

ちばぎんカードローンの融資額は30万円~500万円なのですが、所得証明書が一切不要で審査してもらえます。
 

具体的な年収額よりも、
 

年収と比べて、無理のない返済プランであるか
 

を重要視しているそうです。
 

・返済余力がどれだけあるかが重要!

 

年収が低めでも、他にまったくローン支払いや扶養、家賃等の出費がなければ、余裕を持った返済プランをたてることも可能ですので、
 

数字だけで判断せず、いろいろな側面から審査してくれるのは助かりますね。
 

③専業主婦、パート・アルバイトでも申し込み可能!

 

配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みできますし、もちろんパート・アルバイトでも申し込むことができます。
 

扶養の範囲内でパートをしていたりすると、どうしても年収は抑えられてしまいますが、前述の通り年収そのものだけでは判断されませんので安心ですね。
 

一点気をつけておきたいこととして、年金収入のみの人は申し込みできませんので注意してください。
 

④自動返済で返済忘れの心配なし!

 

返済は毎月1日に自動返済となりますので、わざわざATM等に足を運ぶ必要がありません。
 

毎月の返済金額は、返済日前日の残高に応じて決まります。
 

余裕がある時は繰り上げ返済も可能ですから、返済計画が立てやすく便利ですね。
 

提携ATMも充実しており、必要な時すぐに借り入れや返済をすることができるのもおすすめポイントです。
 

2.ちばぎんカードローンは審査に通りやすい?

 

前述の通り、なかなか使い勝手のいいカードローンですが、審査は厳しいのでしょうか?
 

銀行カードローンの審査が厳しいかどうかは、保証会社を見ると大体のことがわかってきます。
 

ちばぎんカードローンの保証会社であるエム・ユー信用保証は、アコムの子会社です。
 

つまり、大元の審査基準は、アコムがベースとなっていると言っても過言ではありません。
 

・アコムが保証会社をしている銀行と言えば?

 

アコムと言えば、三菱東京UFJ銀行のカードローン バンクイックの保証会社であり、バンクイックは審査が柔軟であることが知られています。
 

まわりくどい説明となりましたが、要はちばぎんカードローンも、ある程度柔軟な審査が期待できるということです。
 

3.ちばぎんカードローンのデメリットとは?

 

さて、良いところもあれば、気になる点もあります。
 

①金利が高め

 

金利設定は4.3%~14.8%です。
 

上限金利だけを見れば消費者金融よりは低いですが、銀行カードローンならば上限金利12~13%台で設定している銀行もあります。
 

下限金利に至っては、プロミスが4.5%であり、消費者金融と大差ないという結果です。
 

利用額が高額になればなるほどお得感は薄れてしまいますから、100万円未満の利用ならば消費者金融よりもお得であるくらいに考えておくとよいでしょう。
 

②利用範囲が限られる

 

地方銀行では致し方ないことなのですが、利用可能地域が限定されてしまうのは残念なことです。
 

ちなみに利用範囲は、千葉全域・東京全域・埼玉全域・茨城全域・神奈川の一部となります。
 

4.ちばぎんカードローンまとめ

 

以上のことから総合的に判断すると、ちばぎんカードローンは、比較的審査も緩めで利用しやすいカードローンと言えるでしょう。
 

銀行カードローンは総量規制対象外ですし、限度額が年収の数字だけで決まることもないようですから、
 

年収が低くて不安を感じている人にとっては、他社よりも大きい金額を確保出来る可能性が高いのがいいですよね。
 

すでに千葉銀行に口座を持っているのであれば、申し込みを検討してみてもよいと思われます。
 

ただし、申し込み地域が限定されますので、全国対応となるとやはりメガバンクとなりますが、三井住友銀行カードローンは金利4.0%~14.5%と低く、即日融資も可能でおすすめです。

三井住友銀行カードローンの紹介記事はこちら
 

また、前述したバンクイックもちばぎんに近い条件で利用ができますので、現時点で千葉銀行に口座を保有していないのであれば、メガバンク優先で申し込んでみるのもいいかもしれませんね。