インターネットキャッシング時の注意点とは?

現代の社会では、色々なサービスが非常に豊かになってきているので、

キャッシングという「お金を借りる」ことも以前に比べ、比較的柔軟に行うことができるようになりましたね。
 

日常を普通に生活しているだけでも、

何かと急にお金が必要となって来る時が来ます。
 

「今月はちょっと生活費が膨らんじゃった…」

「急な飲み会が今月は多いから、ちょっとお金が…」

 

こんなとき、キャッシングであれば、素早く安心して、計画的にお金を借りることができるので、

キャッシングというものがあるのであれば、積極的に活用することが、現代を賢く生きていく秘訣でもありますね。
 

そんなキャッシングですが、利用するときにどんなことに気を付けておけばいいのか
 

何かと気になっていると思いますので、今回そんなキャッシングをするときの注意点について、説明していきます。
 

1.キャッシングを利用するときの注意点は2つ!

 

キャッシングで契約をする前に、まず最初に抑えておきたいことは、
 

  • 必要な書類をしっかりと用意すること
  • 他社からの借入額の合計を把握しておくこと

この2つがポイントとなります。
 

これは、キャッシングをする際に重要なチェック項目となりますので、この2点をよく覚えておきましょう。
 

・必要な書類をしっかりと用意する

 

キャッシングを行う時に、利用者の状況を把握するために、

収入証明書類と身分証明書

が求められます。
 

これは、各キャッシング会社によって若干異なることはありますが、大まかに必要な物は以下の通りです。
 

サラリーマンの方の場合

給与明細、もしくは源泉徴収票
 

アルバイトや派遣社員の方の場合

数か月分(3か月)の給与明細
 

自営業者の方の場合

所得証明書、確定申告書、納税証明書等の収入証明のできるもの
 

収入証明は、上のように別れてきますが、身分証明書に関しては、
 

健康保険証・運転免許証・パスポート等
 

と、職業に関係なく、この辺りを用意しておけば問題ありません。
 

ここで挙げた、収入証明書類と身分証明書はキャッシングをする際に必要なものとなってきますので、

スムーズにキャッシングを行うためにも、予め用意することがポイントとなります。
 

・他社からの借入額の合計を把握しておく

 

これから初めてキャッシングを利用する方であれば問題はありませんが、他からの借入がある場合
 

しっかりとその借り入れている金額を把握しておく必要があります。
 

法律では、年収の3分の一を超える借り入れは出来ないように決まっているので、
 

今受け取っている年収と、現在借入している金額を見比べて、1/3以内に収まっているかどうか、確認をしておきましょう。
 

もし仮に、他社からの借入を確認したときに、

その上限を迎えている場合は、別の会社であってもキャッシングをすることは出来ないので、注意するようにしましょう。
 

2.キャッシングは借り入れしたあとが大切です!

 

キャッシングするために、必要な書類を揃え他社からの借入がなく、無事にキャッシング出来たとします。
 

急に用意しなければならなかったお金をキャッシングで補てんすることができると、安心してしまいがちですが、
 

借り入れができた後は、しっかりとその後の返済までのプランニングをしておくことが、重要なポイントとなってきます。
 

このとき、返済に少しでも遅れてしまうと、いろいろと損をしてしまうことになるので、ここでしっかりと押さえておきましょう。
 

・返済が遅れると遅延損害金が発生する

 

キャッシングをすると、通常利息に上乗せの形で返済をしますが、決められた日に返済が出来なかった場合、
 

通常の利息とは別に遅延損害金という別の「遅延利息」が発生することになります。
 

そうなると、さらに余分に支払いをすることになってしまうので、決められた返済日にはしっかりと返済をするようにしましょう。
 

・返済が遅れると社会からの信用が下がってしまう

 

返済が遅れると、損害金を払う必要が出て、そこで経済的にダメージを受けますが、返済が遅れると、それ以外にも、期限にしっかりと返済ができない人ということで、社会からの信用を落とす結果となります。
 

そうなると、今後お金が必要になった際、借入できる金額が減ってしまっていたり、借入審査に落ちることもあるので、
 

キャッシングの審査が通り、借入した時にはしっかりと返済を完了させるように、意識をして利用するようにしましょう。