Qローン
 

岐阜県岐阜市に本店を置く十六銀行には、3つのカードローンがあります。
 

3種類と言うと、通常は銀行カードローンの王道プランである、

  • メインとなる商品
  • 地域密着型の低金利商品
  • 小口商品

などで構成されることが多く、十六銀行も基本はこの3プランなのですが、十六銀行の場合は地域密着型の低金利商品に強い特長があります。
 

とは言え、やはりメイン商品の利便性も見逃せません。
 

今回は、十六銀行の2大カードローンを徹底比較します。
 

1.Qローンのメリット・デメリットについて

 

十六銀行のメインとなるカードローンは、Qローンという商品です。
 

①口座開設は不要!

Qローンは、十六銀行に口座がない人でも申し込みができることに加えて、契約後に口座開設をする必要もありません。
 

他の銀行をメインバンクとして利用している場合、むやみに通帳を増やしたくないと考える人もいるでしょうから、口座を作らなくても利用ができるのは助かりますよね。
 

②来店不要で契約可能!

契約手続きについても、インターネットで申し込みした後は郵送かFAXで契約手続きを進めることができますので、来店は不要です。
 

審査結果は最短当日にEメールで連絡が来ます。
 

結果連絡がEメールというのは、普通のことのように思えますが実はそうではありません。
 

・結果連絡がEメールであるメリットとは?

電話の場合ですと、ちょうどよく出れずに行き違いになることもありますし、郵送は日数がかかってしまいます。
 

Eメールならば、状況に関わらず受け取ることができ、自分の都合の良い時間に確認することができるので便利です。
 

③セブン銀行ATMの利用手数料が無料!

提携しているセブン銀行ATMでの利用手数料が無料というのも、嬉しいサービスの一つと言えます。
 

提携ATMの利用手数料に関しては、銀行内の全商品対象のサービスであることが多いのですが、十六銀行はQローンだけの特権なのです。
 

利息負担を考えますと、一気にたくさん引き出さず、必要な時に必要な分だけこまめに出金した方がお得ですから、利用時の手数料が無料になるのは嬉しいですよね。
 

④金利はやや高め

Qローンの金利は4.6%~14.6%と、数字だけを見るとそれほど高くはありません。
 

ただし内容をよく見ますと、上限金利が適用されるのは100万円までですので、100万円未満の利用を考える人にとってはやや高めと言えます。
 

とは言え、銀行カードローンとしては一般的な金利の範囲内ですし、消費者金融に比べると低金利です。
 

⑤返済期日がわかりづらい

口座開設不要の商品ですから、返済はカードでするようになります。
 

返済は35日ごとのため、次回期日がわかりづらいのが難点です。
 

期日どおりに返済していくと、給料日前に返済日が来てしまうことにもなりかねません。
 

期日前であればいつでも返済することはできますから、期日に惑わされず、毎月同じ日に入金するようにすると、そうした事態を避けることができます。
 

2.withのメリット・デメリットについて

with
 

地域密着型の低金利商品は「with」という商品です。
 

withにはどのような特長があるのでしょうか?
 

①驚きの低金利!

冒頭で触れた強い特長とは、金利です。
 

通常金利でも5.9%~10.9%という驚くほどの低金利なのですが、十六銀行と取り引きがあるとさらに2.0%引き下げされます。
 

引き下げの対象となる取り引きは、

の3つで、いずれか一つに該当していれば引き下げの対象となるのです。
 

引き下げ前の金利でも十分お得ですので、十六銀行と取り引きのない方にもおすすめしたい商品と言えます。
 

②所得証明書不要!

Qローンもwithも最大限度額は500万円と同じです。
 

Qローンは、300万円以上を希望する時には所得証明書類の提出が必要となりますが、withは希望金額に関係なく所得証明書類が必要ありません。
 

一般的には、低金利商品の方が審査基準が厳しいことが多いので、withのように、低金利商品にも関わらず書類無しで手軽に申し込める商品は貴重なのです。
 

③融資までの時間と来店契約について

withは、申し込みから審査結果連絡までに、最短でも6営業日かかります。
 

さらに、その後来店して契約手続きをし、カード到着を待ってやっと利用が可能という流れなのです。
 

わざわざ来店しても、その場で融資を受けられないのは不便ですね。
 

利用までに最短でも2週間程度はかかるということですので、急ぎで必要な人には向いていません。
 

3.その他の比較について

 

他にもいくつか異なる点があります。
 

①返済方法について

返済方法は、

  • Qローン:カード返済
  • with:口座引き落とし

です。
 

カード返済は、ATMまで出向くという手間がありますが、自身の都合に合わせて返済できるという点で、自由度が高いというメリットがあります。
 

一方口座引き落としは、返済忘れが少なくなりますし、わざわざ返済に行く手間もありません。
 

しかし、期日前に口座にお金を入れておく必要がありますので、十六銀行をメインバンクとして利用していない人には、やや不便と言えるのではないでしょうか?
 

②返済金額について

Qローンの返済は、ミニマムペイント方式を採用しており、最低返済額は2千円です。
 

一方withは最低1万円という返済額ですので、負担に感じる人もいるかもしれません。
 

毎月どれくらいなら無理なく返済できるのか、申し込み前に金額を設定しておくといいですね。
 

4.十六銀行カードローンまとめ

 

それぞれに一長一短ありますが、やはり利用を急ぎたいのであればQローンがおすすめですし、金利重視ならwithがおすすめです。
 

返済のしやすさを考えますと、Qローンの方が自由度が高く調整しやすいのではないでしょうか?
 

ただし、Qローンも申し込みから利用までには、最短でも3営業日はかかります。
 

どうしても当日中に何とかしたいとなりますと、もっと他の商品を探すしかありません。
 

即日融資可能な銀行カードローンはこちらで紹介しています。
 

金利や返済方法など、利便性も高い商品が多数ありますよ!