過払い金請求後にまた借リることはできますか?

過去に消費者金融を利用していたり、古くから利用中の人は、

過払い金請求を考えたことが少なからずあるのではないでしょうか。
 

請求を迷っているけれど、実際には請求していないという人も多いかもしれません。なぜでしょう?
 

手続きが面倒。請求したいが、どうすればいいのかよくわからない。
 

など、理由はさまざまだと思いますが、「過払い金請求したら、もう借りることはできなくなる?」と思って請求しない人もいると思います。しかし実際のところ、そんなことはないのです。
 

過払い金請求をしても、また借りることはできます。
 

ただし、すべての場合において再利用できるわけではありません。
 

今回は、過払い金を請求した後に

  • 借り入れできる場合
  • できない場合

について説明しましょう。
 

1.任意整理は事故情報になります

 

そもそも過払い金請求とは、債務整理の一つです。
 

債務整理と言うと、任意の債務整理(任意整理)と混同されがちですが、過払い金請求と任意整理とは大きな違いがあります。
 

任意整理とは、現在残っている借金の返済が困難になった時、弁護士や司法書士に介入を依頼し、新たな返済計画を立てることです。
 

一般的に、残高があって過払い金が発生していた場合は、残高と相殺されます。そして任意整理をすると、信用情報機関へ「事故情報」として報告されるのです。
 

①事故情報として報告されるとどうなるの?

 

事故情報になると、信用情報機関に加盟する全ての消費者金融からの借り入れはできなくなります。
 

信用情報機関の事故情報は5年間残りますので、最低でも向こう5年は一切借り入れができなくなるということです。
 

②任意整理が事故情報にならないケース

 

ただし、任意整理の場合でも例外があります。
 

それは、残高全てを過払い金で補えた場合です。
 

任意整理をすると、まずはいったん事故情報として報告されます。
 

その後、過払い金による相殺で完済となった場合は、「法定金利に引き直したら、この残高はすでに完済していたはずのもの」として、信用情報機関へは完済として報告されます。
 

ここで、一度報告された事故情報が取り消されるのです。
 

事故情報として扱われている間は、当然どこからも借り入れはできません。事故情報がいつ消えるかは、貸金業者の完済の報告タイミングなどで変わってきます。
 

貸金業者によっては日数を要することもありますので気をつけましょう。
 

2.完済後の過払い金請求のメリット

 

一方で、残高がない状態で過払い金が返還された場合

これは事故情報にはなりません。
 

つまり法的には、過払い金請求後も借り入れはできるということです。
 

①貸金業者によって対応はさまざま

 

ただしここから先は、貸金業者によって対応がわかれます。
 

例えば2社に過払い金請求をしたとします。
 

A社では半永久的に借りることができなくなったが、B社側からは積極的に再利用の案内がくる。
 

このように、両極端な対応をされることもあります。
 

法的にはまったく問題のない行為なのですが、A社のような貸金業者は多いのが現状です。
 

②過払い金請求する貸金業者を選定するのも一つの方法

 

半永久的に借りれなくなる場合を想定して、あらかじめ過払い金請求を行う貸金業者を選定する方法もあります。
 

過払い金請求は、必ずしも利用していた全ての貸金業者に対して行わなくてもいいのです。
 

再利用するなら、どうしてもまたA社を利用したい」などの強い希望があるときは、A社への過払い金請求を控えるというのも一つかもしれません。
 

もちろん、過払い金請求をしていない別の貸金業者であれば、ふつうの新規申し込みとなりますので、審査に通れば何の問題もなく借り入れすることができます。
 

3.迷っているなら実行しましょう

 

いずれにしても、過払い金請求は債務者の正当な権利です。
 

払いすぎた利息が存在するのなら、それは返還されてしかるべきもの。事故情報にならないというのが、一番の証明ではないかと思います。
 

もし過払い金請求を一度でも検討したことがあるのであれば、実行することをお勧めします。

⇒過払い請求が得意な法務事務所はこちら
 

①まずは過払い金があるか計算してみましょう

 

弁護士費用などが気になるという人は、個人で過払い金請求をすることもできます。過払い金請求は難しい手続きではありません。
 

法定利息への引き直しも、ネット上にたくさんのツールがあり、簡単に計算できます。
 

以前長期で利用していてすでに完済しているのであれば、まずは取引履歴を開示してもらいましょう。
 

残高が多ければ多いほど、また、利用期間が長ければ長いほど、過払い金が発生している確率は高くなります。
 

②完済しているかどうかは必ず確認を!

 

そして、過払い金請求の際は、完済しているかどうかを必ず先に確認しましょう。数百円でも残高が残っていたら、それは完済したことにはなりません。
 

完済していないと、任意整理となり事故情報がつく可能性があるのです。過払い金請求時の残高は、その後の借り入れを左右する一番大事なポイントなのです。

⇒過払い請求が得意な法務事務所はこちら