紀陽銀行
 

和歌山市に本店を置く紀陽銀行には、3種類のカードローンがあります。
 

その3つとは、

  • 一般向け
  • 住宅ローン新規契約者専用
  • 属性の高い人専用

と、他の銀行ではあまり聞かないような、少し特徴的な分類であり、特に下の2つに関してはかなり利用者が限定されると推測されるのです。
 

今回は、一般向けのカードローンにスポットをあて、紀陽銀行カードローンの審査・口コミについて詳しく解説していきます。
 

1.メリット・デメリットについて

 

紀陽銀行の一般向けカードローンには、特別な名称がありません。
 

唯一はっきりした名称がある商品は、属性の高い人向けの「ステータス」という商品のみです。
 

一般向け商品とステータスを比較しつつ、まずは一般向け商品のメリット・デメリットについて解説します。
 

①最大800万円というワイドな設定!

紀陽銀行の3つのカードローンの中でも、一般向け商品は限度額の幅が10万円~800万円ともっとも広く、いろいろなニーズに対応することが可能です。
 

一方ステータスは、最小限度額が300万円と大きく最大は500万円までと、利用範囲がかなり狭く設定されています。
 

たとえ高属性であっても、最初から300万円の審査に通過するということは並大抵のことではありませんので、この限度額設定を見ただけでも、ステータスが敷居の高い商品であることがうかがえますね。
 

②銀行ならではの低金利!

ステータスは申し込み者が限定される商品ですから、やはりそれなりに低金利ではありますが、一般向けも決して高いわけではありません。
 

まずはこちらの金利表をご覧ください。
 

紀陽銀行金利
 

ステータスの一律5.2%(変動金利)と比較しますと、一般向けも限度額450万円~500万円で5.8%ですので、それほど大きな違いはないのです。
 

限度額いっぱいまで使わなければいけないわけではなく、必要な分だけ利用するようになるのですから、例えば50万円必要で申し込みをして800万円までの審査に通ると、50万円を3.8%の金利で利用できることになります。
 

ステータスは変動金利であり、今後5.2%よりも低くなる可能性はありますが、高くなる可能性も否定できません。
 

それならば、本当に属性に自信のある人は、あえてステータスを選ばなくてもいいのではないでしょうか?
 

③総合口座およびキャッシュカード所持が必須条件

一般向け商品において、やや不便に感じられるかもしれないと危惧する点は、総合口座とキャッシュカードを必ず作らなければいけない点です。
 

元から紀陽銀行を愛用している人なら何の問題もないのでしょうが、新たに口座開設の手続きが必要となる人にとっては、少し面倒なことかもしれません。
 

しかし、一度カードを作ってしまえば、キャッシュカードとローンカードが一体化となりメリットも多いので、それほど大きなデメリットではないと言えます。
 

④融資実行までには時間がかかる

一般向け商品は、来店不要で手続きができるのは便利なのですが、郵送でのやりとりが発生するため、融資実行までにはやや時間がかかることも難点です。
 

急な出費ですぐにでも欲しいという人には向かず、前もって利用することがわかっているような場合には、時間に余裕を持って申し込むことが必要ですね。
 

ちなみにステータスは来店のみの受付であるのに対し、一般向け商品は、

  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • インターネット

と申し込み方法が豊富なうえに、インターネットなら時間を気にせず申し込めるので便利です。
 

2.紀陽銀行カードローンの審査について

 

気になる審査情報を、申し込み条件と保証会社から検証してみます。
 

①申し込み条件から見えてくる審査の柔軟性とは?

申し込み条件としては、
 

  • 20歳以上65歳未満
  • 居住地もしくは勤務地が営業区域内
  • 安定継続収入がある
  • 紀陽銀行の他の無担保ローンを利用していない(同時解約可)
  • 総合口座およびキャッシュカードを保有している

となっており、それほど厳しいものではありません。
 

ステータスが年収500万円以上を対象にしていることを考えますと、一般向け商品はかなり申し込みしやすいカードローンと言えますね。
 

細かい条件がない分、あらゆる属性に対して審査通過のチャンスがあるということは、審査にも柔軟性が期待できるということではないでしょうか?
 

②保証会社は2社が担当!

保証審査は、阪和信用保証とオリエントコーポレーションが担当しています。
 

保証会社は多ければ多いほど審査通過率が高くなりますから、2社が担当しているというのは心強いですね。
 

言うまでもないことですが、これまでにオリコカードの返済トラブルなどがあると、審査通過は厳しくなると覚悟しなければなりません。
 

3.紀陽銀行カードローンの口コミについて

 

口コミ自体が少なく、評価のみで具体的な声が無いため、利用者しか知り得ないような有益な情報を得ることはできませんでした。
 

ただ、利用者の感想としては概ね高評価であり、

  • 審査のスピード
  • 金利
  • 社員応対

など、あらゆる面で大きな不満も無く、一定の満足感が得られているようです。
 

4.紀陽銀行カードローンまとめ

 

冒頭でもお伝えしたように、紀陽銀行のカードローンは利用者がかなり限定される商品が多く、一般向けの商品以外には迷うことすらしないかもしれません。
 

現住宅ローン利用者対象ではなく新規住宅ローン契約者を対象にしたものや、年収は最低500万円以上で最小限度額300万円のステータスは、条件が狭すぎてなかなか申し込みしづらいですよね。
 

スペック的には一般向け商品も、他の2つの商品に劣ることはありません。
 

ただし、申し込みから利用までには時間がかかりますので、急ぎで必要な方は即日融資可能な銀行カードローンを紹介しているこちらの記事をご参照ください。
 

使い勝手も利便性も高い商品が多数揃っていますよ!