今日中にどうしてもお金が必要!借りる方法はありますか?

お金が必要になってキャッシングの利用を考えたとき、やはりすぐに借りられたら便利ですよね。
 

「急な出費ですぐにでも必要!」
「どうしても今日中に欲しい!」
 

そんな顧客ニーズに応えるように、最近の金融会社の広告には「即日融資」の文字がよく見られるようになりました。
 

即日融資してもらうためには、どこに申し込んだらいいの?申し込み方法は?必要書類は?本当に今日中に借りれるの
 

今回は、そんな即日融資に関する疑問点についてまとめてみました。
 

1.即日融資なら、大手消費者金融がオススメ!

 

まずは、どこに申し込みをするのか?です。

  • 銀行
  • 信販
  • 消費者金融

などいろいろあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

銀行や信販系は、利率設定が低めなのが魅力です。
 

しかし、実際に申し込みをしたら、

  • 審査に数日かかった
  • 当日振込可能な銀行口座が指定されている

 

など、細かい条件設定があって当日借りれなかったというケースも少なくありません。
 

営業時間も平日のみのところが多く、夜間や土日の審査は対応していなかったりします。そんな中、大手消費者金融の利便性はかなり高い、と言ってもいいでしょう。
 

今日中にどうしても必要!

というときには、大手消費者金融の申し込みがおすすめです。
 

では、どんな点が優れているのか、具体的に説明していきましょう。

⇒即日キャッシングができるおすすめはこちら!
 

2.申し込み方法について

 

当日融資可能な申し込み方法は、いくつかあります。
 

①店頭窓口・無人の自動契約機

 

窓口の営業時間は、9:30から18:00までが一般的。
 

一部店舗では、20:00まで営業していたり、土曜日も営業している店舗もあります。
 

無人契約機の営業時間は、9:00から22:00が多く、一部店舗で21:00まで営業しているところもあります。
 

②インターネット申し込み

 

来店不要で、すべてをweb上で完了させ、当日振込をしてもらうこともできます。
 

③電話申し込み

 

大手の場合、24時間対応のコールセンターを設置しているところが多いので安心です。
 

ただし、電話では審査のみなので、契約の為には来店か郵送などで手続きが必要となります。
 

仕事中にネットを使うことができず、昼休みなどに電話ができる環境ならば、事前に申し込みしておいて仕事帰りに自動契約機で手続きすれば、当日融資が可能となります。
 

簡単便利なインターネット予約はメリットがたくさん!

 

申し込み方法の中でも、特に便利なのはインターネット申し込みです。なにせ、来店しなくても即日融資を受けることができるのです。
 

本人確認書類は、

  • メール
  • 専用アプリ
  • ファックス

での送信方法があります。
 

振込予約を活用しましょう!

 

14:00までに契約を完了すれば、銀行や信用金庫など、本人が指定するどの口座にでも当日に振込してくれます(注:14:50までに振込予約が実施された場合のみ)。
 

振込をしてもらうメリットは、銀行や信用金庫などのキャッシュカードで引き出しできるところです。
 

これなら消費者金融のカードを持っているところを誰かに見られる心配がありませんし、誰もキャッシングしているとは思いません。
 

恋人や友人の前で、堂々とお金を引き出すことができるようになるのです。
 

詳細は後述しますが、特定の口座を持っていれば、24時間いつでもすぐに振込してくれる金融会社もあります。
 

カードも作っておきましょう!

 

なお、金融会社の自社カードは、
 

  • 後日自宅へ郵送してもらう
  • 窓口・自動契約機に来店し作成する

 

どちらかを選ぶことが可能です。
 

キャッシュカードは時間外の出金は手数料が取られますが、自社カードで出金する場合は、手数料がかからないというメリットがありますので、作っておくと便利です。
 

提携ネットワークにも優れていますので、一度カードを作ってしまえば、自社ATM・提携銀行のATM・コンビニのATMなどで、24時間出金が可能となります。
 

3.何時までに行けば今日中に借りれるの?

 

さて、即日融資を受けるために一番重要なことなんでしょう?
 

それは、「申し込みの時間」です。
 

基本的に、審査は9:00から21:00の間であれば可能です。
 

申し込み方法の説明で、一部の無人契約機は22:00まで営業していると書きましたが、実は22:00ギリギリに無人契約機に行ったのでは、当日の利用はできないのです。
 

審査には、信用情報機関への照会と在籍確認が必要です。
 

夜間の申込では、

  • 信用情報照会ができない
  • 在籍確認が取れない

こともあるため、出金を伴う審査結果を出すことができない場合があるのです。
 

そのため、来店時間がギリギリになりそうな時は、審査可能な時間帯に申し込みをして、事前に審査をしてもらう必要があります。
 

「申し込み」は24時間365日受付していますが、審査可能な時間は決められているので注意しましょう。
 

また、インターネット契約も、14:00までに「契約」が完了していることが、即日振込の条件となります。「14:00までに申し込み」ではないので注意しましょう。
 

余裕をもって、来店(無人契約機含む)なら20:00、インターネットなら13:00をリミットと考えて申し込みをしましょう。
 

4.必要書類を準備するときに注意したいこと

 

せっかく間に合うように申し込みをしても、書類に不備があると当日に出金できないなんて事態にもなりかねません。
 

一度で審査が完了するように、必要書類はしっかり確認して準備しましょう。
 

基本的に必要なのは、本人確認書類と収入証明書です。
 

収入証明書はなくても大丈夫な場合もありますが、50万円以上を希望する場合は必ず必要となります。
 

審査中に在籍確認が取れない場合、社名記載の収入証明書類で代替措置とする場合もありますので、準備ができるときは持参したほうがいいでしょう。
 

  • 本人確認書類の有効期限が切れていないか?
  • 住所変更・氏名変更(結婚・離婚など)は済んでいるか?

などもあわせて確認しておきましょう。
 

5.本当に今日中に借りれるの?即日融資ができないのはどんな時?

 

たとえ契約が完了しても、条件を満たしていない場合、「ご利用は明日からになります」と言われてしまうことだってあります。
 

ちなみに即日融資ができない場合とは、以下のような場合です。
 

    ■在籍確認が取れない。
    ・勤務先が定休日などで、在籍確認が取れない場合。
     

    ■信用情報照会ができない。
    ・夜間の申し込み等で、信用情報照会ができず、審査を進められない場合。
     

    ■振込実施日が翌営業日になったとき。
    ・概ね15:00以降の振込申し込みなど。
     

    ■書類に不備があった場合。
    ・運転免許証の有効期限切れなど。

 

在籍確認については、各社の基準が様々です。
 

他の書類で確認できればよしとするところもあれば、必ず電話確認が必要というところもあります。
 

限度額を引き下げることを条件に貸付する金融会社もあります。事前に問い合わせし、希望金額と照らし合せて申し込みする会社を決めましょう。
 

6.大手消費者金融を勧めるもう一つのメリットとは?

 

大手消費者金融が良い理由としてもう一つ挙げられるのは、24時間いつでも振込対応してもらえるという点です。
 

例えばプロミスでは、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座であれば、24時間振込可能です。
 

同様に、アコムは楽天銀行の口座であれば24時間振込可能です。
 

新規の利用時だけではなく、その後の出金時にも利用できる、かなり便利なサービスとなりますので、プロミスやアコムを申し込むときは、これらの銀行の口座開設もしておくのがおすすめです。
 

以上が、即日融資で大手消費者金融をおすすめする理由です。
 

いま大手消費者金融は、即日融資にかなり力を入れていますが、それは他社との差別化をはかるため、次々に便利な利用法を打ち出しているというのもあります。
 

たくさんの即日融資の実績がある分、さまざまなケースに迅速に対応してくれますし、困り事があっても、いろいろと代替案を出してきてくれるので安心です。
 

今日中にどうしてもお金が必要!そんな時は、消費者金融を利用するのがおすすめです。

⇒即日キャッシングができるおすすめはこちら!