毎月返済してもなかなか借金が減らないのはなぜ?
毎月きちんと返済しているのに、残高が減っていない気がすると感じたことはありませんか?
 

毎月の返済額のうち、いくらが利息でいくらが元金に充当されているかを把握することは、とても重要なことです。
 

実際に元金にいくら充当されているかがわかると、完済は途方も無く遠く感じるかもしれません。
 

では、実際に貸金業者が設定している返済金額で返済を続けると、完済までにどのくらいの年月がかかるのでしょう。
 

今回は、大手消費者金融の多くが採用している、残高スライドリボルビング払いという返済方式について詳しく解説し、借金がなかなか減らない仕組みをご説明します。
 

1.残高スライドリボルビング方式とは

 

クレジットカードを利用している人ならば、「リボ払い(リボルビング払い)」という言葉はなじみがあると思います。
 

最初に回数を指定して分割する支払いではなく、残高に応じて指定された一定金額を支払いする方式のことです。
 

毎月の返済額がわかりやすいので、返済計画がたてやすいというメリットがあります。
 

リボ払いの一種で、残高に応じて支払額を低くスライドさせたものが、残高スライドリボルビング方式です。
 

例えば残高が40万円~50万円なら13,000円、30万円~40万円なら11,000円といったように残高が減ると支払額も減るシステムなのです。
 

一見、債務者の負担が軽くなるように感じますので、返済する側からしたら嬉しいシステムのように感じるかもしれません。
 

しかし、残高スライドリボルビング方式の設定金額どおりに返済をしていくと、残高によって多少前後しますが、完済までの年月は概ね5年以上かかる計算になります。
 

リボ払いとは、毎月の返済金額が一定額である返済方式の総称で、一定額を決める為にいくつかの種類に分かれます。
 

  • 元利定額リボルビング方式
  • 元利定率リボルビング方式
  • 元金定額リボルビング方式
  • 元金定率リボルビング方式
  • 上記に残高スライドが加わった返済方式

 

などがあります。
 

ここでは、アコムが採用している「元利定率リボルビング方式」と、アコム以外のほぼ全ての大手消費者金融が採用している「残高スライド元利定額返済方式」の二つについて詳しく説明していきましょう。
 

①元利定率リボルビング方式

 

「元利」とは、「元金と利息」ということで、返済金額が10,000円だとしたら、10,000円から利息を引いた分が元金に充当されます。
 

これに対して「元金返済」という方式は、返済金額が10,000円だとしたら、10,000円に利息分を追加して支払いする方式です。
 

仮に利息が3,000円だとしたら、以下のようになります。
 

  • 【元利】返済額:10,000円(元金充当額7,000円)
  • 【元金】返済額:13,000円(元金充当額10,000円)

 

次に「定率」ですが、残高に一定の割合をかけた金額を返済額に設定する方式です。
 

一定の割合が3%で、10万円を18%で利用した場合、毎月の返済額は10万円×3%で3,000円となります。
 

アコムは元利定率ですので、10万円を18%で30日利用した場合、利息は1,479円ですから、元金充当額は3,000円-1,479円で1,521円です。
 

一定の割合が低ければ、それだけ毎月の返済額の負担は軽くなりますが、なかなか残高は減らないという仕組みになるのです。
 

②残高スライド元利定額返済方式

 

現在、大手消費者金融のほぼ全てが採用している返済方式です。
 

残高に応じて返済額がスライドしていきます。
 

「元利」ですから、返済額に利息分が含まれています。
 

定額」は、毎月の返済額が金額で決まっている方式です。
 

【残高50万円/利率18%/返済額13,000円(30日間利用)】この場合の元金充当額は、13,000円-利息7,397円=5,603円です。
 

実に返済額の半分以上が利息という計算になります。
 

このように返済を続けて、残高が40万円まで減り返済額も11,000円に減ったとします。
 

すると、元金充当額は、11,000円-5,917円=5,083円と、またもや5,000円ちょっとしか元金に入らなくなってしまうのです。
 

残高が減っていけば毎月の返済額は減るので負担は軽くなりますが、残高充当額も少なくなりますので、やはり残高はなかなか減りません。
 

2.早く完済するための返済計画

 

なぜ多くの消費者金融で残高スライドリボルビング方式を採用しているのでしょう?
 

答えは簡単!残高スライドリボルビング方式の方が取引が長期に渡るからです。
 

取引が長くなればなるほど、利息収入が増えますので、貸金業者としては利息だけを永遠に払い続けて欲しいというのが本音でしょう。
 

利用者がいつまでも借金が減らないと感じるのも当たり前ですね。
 

では、どうすればきちんと借金が減るような返済ができるのでしょうか。
 

一番いい方法は、契約上の返済額は気にせず、自分で返済額を決めてしまう方法です。
 

貸金業者が設定する返済金額は、あくまでも最低返済額で、固定された金額ではありません。
 

毎月13,000円と記載があっても、14,000円でも20,000円でも都合がつけば返済できますし、もちろん残高を一括で返済してもいいのです。
 

多く支払いした分は、全て元金に充当されますので、それだけ返済は早く終わるということです。
 

貸金業者の公式サイトでは、返済シミュレーションをすることができます。
 

毎月15,000円ずつ返済したら何回になるのかなど、回数を確認することと、2年で完済するためには毎月いくらの返済額が必要なのかなどと、金額を確認することができるようになっています。
 

もちろん、途中で追加利用すると計画は立て直ししなくてはいけません。
 

この、限度額の範囲内で繰り返し利用できるシステムも、借金が減らない理由の一つです。
 

3.元金に充当した分はそのまま引き出しも可能ということ

 

消費者金融のキャッシングは、限度額の範囲内で繰り返し出し入れができます。
 

利用可能な金額は取引の度に、明細書に記載されるのです。
 

利用可能額は○万円です」と表示されたら、ついつい使ってしまいたくなってしまいますよね。
 

意志の強い人はいいですが、ついつい使ってしまうという人は、返済のみの取引にしてほしいと依頼することもできます。
 

そうすると利用可能額の表示がされなくなりますから、無駄な出費を減らすことができるでしょう。
 

毎月の返済できちんと借金を減らすポイントは二つです!
 

  • 返済金額は自分で決める
  • 途中で追加利用しない

以上の二つさえ守ることができれば、貸金業者がどんな返済方式を採用しても、借金は目に見えて減っていき、きちんと完済することができます。
 

このように計画して返済しているとどんどん信用があがりますから、いざという時には増額審査も通りやすくなるというメリットもあります。
 

貸金業者側から「増額しませんか?」という勧誘も多くなる可能性がありますから、必要がない時は断って無闇に限度額を増やさないようにしましょう。