広島市に本店を置くもみじ銀行のカードローン「マイカード」には、
 

  • マイカードもみじ君
  • マイカードプレミアム

の2種類があります。
 

金利を優先するか、審査に通ることを優先するかなど、優先順位によって、申し込むべき商品は変わってくるかもしれません。
 

申し込み前に条件等をしっかりチェックして、より自分に合っている商品を選びたいものですよね。
 

今回は、もみじ銀行の2つのカードローン「マイカードもみじ君」と「マイカードプレミアム」を徹底比較します。
 

1.もみじ君とプレミアムの決定的な違いとは?

 

まずは、2つの商品の違いを把握しなければいけません。
 

①アルバイト・パートでも申し込み出来るのはもみじ君!

 

もみじ君
 

マイカードプレミアムは、その名の通り特別な商品として展開していますので、最大限度額や金利面で優遇されています。
 

そのため、申し込み出来るのは正社員のみという厳しい条件があるのです。
 

一方、マイカードもみじ君は、100万円までなら、
 

  • 派遣社員
  • アルバイト・パート
  • 年金受給者
  • 専業主婦

でも申し込みができます。
 

ただし、もみじ君も100万円以上は正社員のみの申し込みとなりますので、注意しなければいけません。
 

②金利の違いについて

 

プレミアム
 

当然のことながら、プレミアムは低金利です。
 

では、もみじ君とはどのくらい差があるのでしょうか?
 

もみじ銀行カードローンの金利設定は、限度額ごとにはっきり明記されていません。
 

また、プレミアムは変動金利なので、金融情勢により変動します。
 

・限度額によってはそれほど差を感じないかもしれません

 

そういった条件を加味して、限度額がいくらぐらいならあまり差が無いのか検証した結果、200万円~300万円の時に、審査結果と利用年数等によっては同等の金利で利用出来る可能性がありました。
 

もみじ君の金利は8.5%~14.5%なのですが、商品概要説明書や金利一覧を見ると、
 

  • 4.5%
  • 5.5%

という金利も存在するようです。
 

優遇の条件等の記載がないので、詳細はわかりませんが、最大限度額300万円利用時に4.5%で利用出来るとしたら、プレミアムと遜色ない結果になると推測されます。
 

③審査の柔軟性に違いはあるのか?

 

どちらも申し込みの条件は、他行に比べると比較的細かい設定です。
 

中でも、プレミアムに関しては、限度額ごとに最低年収が設定されています。
 

申し込み条件以外で審査に大きく関わってくる項目と言えば、他社の借り入れ状況ですので、すでに他で借り入れがある場合は、できるだけ審査が柔軟な方を選びたいですよね。
 

・保証会社による比較

 

ふつうに考えて、プレミアムの方が厳しい審査基準を設けていると考えられます。
 

また、保証会社を見ても、共通する中国総合信用の他は、
 

  • もみじ君:SMBCコンシューマーファイナンス
  • プレミアム:オリエントコーポレーション

と違いがあるのです。
 

一般的に、信販会社よりは消費者金融の方が審査には柔軟性がありますから、プロミスを保証会社とするもみじ君の方が、ある程度の柔軟性が期待できます。
 

2.マイカードもみじ君が向いているのはこんな人!

 

以上を踏まえますと、もみじ君が向いているのは、
 

  • 非正規雇用者
  • 高齢者(61歳以上)
  • 年収が低め
  • 勤続年数が短い
  • すでに他社利用がある

等の条件の人です。
 

ただし、110万円以上を希望する際は、
 

  • 年収200万円以上
  • 勤続年数1年以上

という条件が追加されますので、覚えておかなくてはいけません。
 

3.マイカードプレミアムが向いているのはこんな人!

 

一方、プレミアムが向いているのは、
 

  • 正社員で長く勤務している(3年以上)
  • 年収が高い
  • 広島県に在住または勤務している
  • 他社利用なし

のような人です。
 

概ね希望限度額の倍以上の年収があれば申し込み可能ですので、最低でも年収が希望限度額の3倍必要になる消費者金融に比べると、条件的にはずっと申し込みやすいと言えます。
 

金利に関しても、限度額が低ければ低いほど、消費者金融よりもお得です。
 

4.もみじ銀行カードローンのデメリットについて

 

さて、2商品に共通する残念な点がありますので、説明しておきますね。
 

①融資までの時間が長い

 

仮審査が終わるまでに、2~3日かかります。
 

さらにそこから本審査・カード発行となるわけですから、申し込みから利用までには1週間~2週間程度は見ておきたいですね。
 

今は、即日融資可能な銀行も増えています。
 

審査スピードを重視する銀行は、カードローンを強く推している銀行が多く、スペックも高いです。
 

即日融資可能な銀行は最後にご紹介しますから、急ぎの方はそちらも参考にしてみてください。
 

②申し込み方法で保証会社が変わる

 

先に、もみじ銀行はプロミスが保証会社だから良いとお伝えしました。
 

しかし、ネット申し込みの時は保証会社が中国総合信用になるのです。
 

申し込みはネットが便利ですが、審査の柔軟性を考えると、プロミスにも審査してもらえる可能性があった方が良いとなると、この点はデメリットとしてあげられます。
 

5.もみじ銀行カードローンまとめ

 

正社員で属性に大きな問題も無いのであれば、やはり低金利のマイカードプレミアムがおすすめです。
 

非正規社員や属性に不安がある人は、マイカードもみじ君であれば審査通過の可能性が高いと言えます。
 

ただし、融資までには時間がかかりますので、余裕を持って申し込みしなければなりません。
 

前述の通り、即日融資可能な銀行は、スペックも高くおすすめです。
 

金利や限度額、利便性など、どこを取っても申し分ない商品ばかり揃っています。
 

全国対応の銀行も多いので、もみじ銀行を申し込む前にチェックしてみて下さいね!