日本保証カードローン

日本保証と聞いてピンと来ない人も、
 

  • 武富士
  • ロプロ
  • 日栄

のいずれかの名前は聞いたことがあると思われます。
 

消費者金融、商工ローンでトップに君臨していたこれらの金融会社が、日本保証の前身です。
 

武富士や日栄を知る人は、必ずしも良い噂ばかりではなく、むしろ厳しい評判を思い出す人も少なくないでしょう。
 

そんなマイナスイメージを払拭するべく、ロプロに社名変更しJトラストに買収され、最終的に日本保証となった現在、どのような金融会社になったのでしょうか?
 

今回は、日本保証カードローンの審査・口コミについて解説します。
 

1.日本保証の取り扱い商品について

 

以前はフリーローンを主力としていた日本保証ですが、残念ながら現在は、個人向け商品の取り扱いは不動産担保ローンのみとなりました。
 

事業者向け商品も、不動産担保ローンやビジネスローンなどはありますが、フリーローンはありません。
 

①不動産担保ローンなら最大融資額は10億円!

 

個人向けとして唯一残された不動産担保ローンには、他社との差別化が至るところで見られます。
 

  • 第三者による担保提供も取り扱い可能
  • 借り換えも可能
  • 不動産担保力を重視
  • 競売による不動産
  • 借地権の場合でも相談可能

と、審査の柔軟性がある上に、最大融資額が10億円と巨額であったり、最短で当日に結果がわかるというスピード審査も魅力です。
 

融資実行まで最短3日ですから、急ぎで必要な人のニーズにマッチした商品と言えます。
 

②ビジネスローン エール500について

 

事業者向けに展開しているビジネスローン エール500も、不動産担保ローン同様に柔軟な審査が期待できます。
 

  • これから事業をはじめる
  • 業歴が浅い
  • 赤字決算
  • 売り上げが少ない

等の条件でも、審査は可能という柔軟さです。
 

特に、業歴については、最低でも1年以上営業し確定申告していることを条件にしている業者が多いので、業歴が浅くてもチャンスがあるのは助かりますね。
 

2.過払い交渉は困難?

 

さて、かつて業界トップだった武富士の債権を譲渡されているのであれば、利用者数も相当数いると推測されますが、過払い金の件で気になっている人も多いと思われますので、少し調べてみました。
 

①武富士に関しては返還済み

 

武富士は、会社更生手続きの際に、過払いのあるすべての会員に対し通知を行い、過払い額の3.3%を返還しています。
 

その時点で過払い金返還の手続きは終了していますから、旧武富士債権を現在も返済し続けている人が新たに過払い金返還請求することは困難である可能性が高いです。
 

どうしても気になる人は、一度弁護士など専門家に相談してみることをおすすめします。
 

②あまり良い評判はないのが実情

 

さらに、日本保証の過払い金返還対応について調べると、あまり評判が良くないのか、マイナスな口コミが多数ありました。
 

裁判所の心証も良くないという噂があったりして、一筋縄ではいかない印象もあります。
 

実際のところはわかりかねますが、過払い金返還交渉を考えるのであれば、決して個人で動こうとはせず、必ず専門家に相談した方がいいのかもしれませんね。
 

3.日本保証の口コミについて

 

過払い金に関しては、あくまでも業法改正前から利用していた人の話なので、あまり良くない口コミがあるのも当然と言えば当然と言えます。
 

なぜなら、商工ローン日栄の名前を有名にしたのが、「腎臓売れ」と恫喝した事件であり、その頃からの利用者の心証が良いものとはとても思えないからです。
 

そこからイメージアップを図るため社名変更し、紆余曲折を経て現在の日本保証となったのですから、当然現在は以前のような取立て行為をしているわけがありません。
 

しかし、日本保証としての口コミはほぼ無いに等しい状況で、現在の実際の状況を知ることができませんでした。
 

あくまでも推測ですが、フリーローンに比べれば、不動産担保ローンはリスクが低めの商品となりますので、返済におけるトラブルがあったとしても解決が早く、不満を漏らす人も少ないのかもしれませんね。
 

ただ、柔軟な審査をしているのは確かなようですから、他で融資を断られて困っているのであれば、一度相談してみるとよいでしょう。
 

4.まとめ

 

日本保証のカードローンは、個人向けですと不動産担保ローンのみになりますから、申し込みが出来る人は限られてきます。
 

事業者向け商品も含め全体的に金利は高めの設定ですが、リスクの高い顧客に対しても柔軟な審査を行っているようですので、ある程度はしかたがありません。
 

かつてのイメージもあり、申し込みを躊躇する人も少なくないかもしれませんが、
 

他では審査対象外である条件でも審査対象となる可能性もありますので、どうしてもお金が必要という人には救世主的な存在となることでしょう。
 

ただし、繰り返しになりますが金利は高めですから、巨額を必要とするならばまずは公的機関や銀行に相談することをおすすめします。
 

また、日本保証は、フリーローンを停止してしまったのも残念な点です。
 

不動産担保ローンは準備書類も多いですし、何より担保となる不動産が無いことには話しになりません。
 

その点、フリーローンなら、思い立った時にすぐ申し込みができます。
 

急ぎでお金が必要ならば、金額は少なくなってしまいますが、プロミスやアコムなら審査が早くおすすめです。