プロミスで借金を返せない時の債務整理での過払い金請求方法とは?

プロミスで利用中、返済不能になった場合の上手な対応の仕方を説明します。今回ポイントになるのが、過払い金です。名前だけは知っているという人は多いはずですよね。
 

過払い金には発生する条件などがあります。また対応方法についても確認をしましょう。消費者金融で利用中に、返済に困ったら確認してほしいページです。
 

この方法が頭に入っていれば、窮地の場合にも、必ず助けになるはずです。それでは、順に確認をしていきましょう。
 

1.プロミスで過払いがあるかを確認する方法

 

はじめは計画的に利用をしていたカードローンも、
 

  • 転職
  • 転居
  • 病気、ケガ
  • 給料削減

 

このような事情で、返済が困難になるということはよくある話です。
 

プロミスの契約をはじめ、カードローンはこちらの都合で返済を待ってくれますが、震災などの罹災(りさい)以外の場合は、利息がストップになるということはありません。
 

一旦返済不能になると、状況を戻すのは難しく、
 

  • 我慢して返済を継続していく方法
  • 弁護士などに債務整理を依頼
  • 過払い金返還請求をする
  • 第三者機関へ相談する

 

いずれかの方法で、対応をしなければならないでしょう。
 

今回は、過払い金請求に焦点を当て確認していきます。まずは、自分の過去の取引を確認することが必要になってきます。
 

①取引明細の確認をしてみましょう

 

第一にやることは、取引明細の取得をすることです。その方法はフリーコールに連絡をして、取引明細を取り寄せ、いつから契約をしていて、利息は何%で利用していたのかを確認しましょう。
 

②取引期間がどれくらいあるのかを確認します

 

プロミスの旧商品の金利は25.55%です。この利息での取引期間が、何年あるのかで過払い金の金額が変わってきます。
 

  • 限度額50万利用で5年利用していると現在の債務が帳消し
  • 10年以上の利用があれば、手数料を引いても手元にお金が返ってくる

 

イメージとしては、このように考えておくといいでしょう。しかし利用方法や、期間により過払い金額は変わってきますので、おおよその目安と考えてください。
 

③時効があるので注意が必要です

 

プロミスをはじめ、消費者金融で完済、解約をしている場合でも過払い返還請求は可能です。
 

今回のタイトルは、債務整理で過払いを請求する方法になりますので、詳しくは説明しませんが、完済後5年で時効にかかるとされています。
 

実は、消費者金融での時効には正式な決まりはなく、プロミス側は5年を主張します。これは商法上での時効が5年という理由からです。お金の貸し借りの時効については10年が時効となります。
 

利用中のカードローンに関しては時効にはかからないようになっていますので、ご安心ください。
 

ここまで確認ができれば、手続きの方法に移っていきましょう。
 

2.債務整理の方法を確認しましょう

 

基本的な債務整理は、弁護士に依頼をします。弁護士がプロミスをはじめとした消費者金融と交渉をして、これからの返済や、消滅する債務について話し合います。
 

まずは弁護士に依頼した場合を想定します。
 

和解が成立すれば、
 

  • 今度どのように返済をしていくのか
  • 債務がどれくらい減るのか
  • 全ての借入額がなくなるのか

 

計算された過払い金と、現在残っている借入金を計算し直して、今後の返済方法が決まっていきます。
 

①相殺の場合は100%過払い金を認めることがある

 

相殺(そうさい)とは、損得を計算してプラスマイナスをゼロにすることを言い、金融業界ではよく使われる言葉です。
 

プロミスも商売なので、過払い金の請求がされた場合に、何割削減させるのかが交渉のポイントになります。通常の過払い請求の場合は、減額交渉をしてきますが、
 

  • 債務が軽減される程度の減額
  • 債務が0になる程度の減額

 

この減額であれば100%の減額を認めてくることがあります。そのため、債務が残っている状態でも返済が厳しいと感じているなら債務整理で一旦リセットする方が良いケースが多いです。
 

②過払い金が発生する場合

 

過払いが発生していれば、ハッピーエンドとなります。

先月まで支払いを続けていた借金がなくなり、弁護士への報酬も過払い金から支払われ、うまくいけば現金を手にすることができます。
 

弁護士に依頼している場合、全ての手続きは弁護士が処理してくれます。また、過払い金の返還請求をした場合に、金融事故情報は報告されないので、必要時には、
 

  • 住宅ローンを組む
  • 自動車ローンを組む
  • 他社などの消費者金融で新たに契約をする
  • クレジットカードを作る

 

このような金融取引に一切の制限がかかりません。そのため借金0からスタートができるということになります。
 

③過払い金が発生しない場合

 

過払い金の発生がない場合は、通常の債務整理となります。

2015年現在の債務整理手続きでは、債務と相殺できる債務がない場合、元金(借りた金額)はそのまま残ります。
 

将来的に発生する利息は0となり、元金の返済だけを継続する方法となります。
 

事故情報は報告されますので、債務整理を開始して5年間はペナルティとして、金融取引は一切不可になると考えたほうが良いでしょう。
 

返済が苦しいと債務整理をしているはずですので、利息部分の返済が0になる。
 

追加での利用ができない状態での返済ですので早ければ3年~5年前後で返済が終了することが多いです。
 

3.自分で過払い請求をした場合を確認しましょう

 

以前からプロミスでしか利用をしていない、プロミスだけで借入金額が200万を超えている。このような場合でも、十分返済が困難になる可能性はあります。
 

2010年以前より利用をしていれば、過払い金が発生している可能性があります。この場合、自分でプロミスと和解をするという方法もあるのです。
 

①取引明細を確認したら引き直しの計算をしてみる

 

過払いの計算は、旧25.55%で利用していた金利を、
 

  • 利用金額が100万を超えていれば15%
  • 100万未満であれば18%

 

これに計算をしなおして、現在の債務と相殺して計算をします。例えば、利用途中で返済が難しくなり、
 

  • プロミスと示談を組み利息が突然0になるようなケース
  • 契約を変更して金利が18%になったケース

 

このような場合があれば、安くなっている金利を18%に直す(18%までに上げて計算)必要はなく、現在の利息で計算をすればいいことになっています。
 

計算はエクセルのソフトが無料でネットに配布されています。取引明細と照らし合わせて、計算しなおしてみてください。
 

②過払いが発生している時点で和解提案をするのが得策です

 

利息の引き直し計算は、過払い金の発生だけが注目されていますが、それだけではありません。
 

  • 過払い金の発生
  • 債務の消滅
  • 債務の減額

 

このように、現在の債務を減少させる効果もあるのです。そのため面倒ではありますが、自分の取引明細を取り寄せてみて、利息の計算をしなおすことをおすすめします。
 

また、利息返還請求自体は事故情報の報告がないため、プロミスと和解をした場合、別の消費者金融で契約をし直す、銀行カードローンで利用する方法に変更する、ということも可能です。
 

③請求はプロミス本社に送達すれば大丈夫です

 

請求書の書式も、ワードの文書がネット上に無料配布されています。それを利用すれば文面を考えなくてよいでしょう。
 

念のため連絡のつく携帯電話の番号の記載をしておいてください。プロミスは必ず金額交渉をしてくるので連絡先がないと放置されます。
 

たまに全く金利計算をしないで請求をしてくる人がいます。
 

結局は債務0になり、ハッピーエンドを迎えるのですが、中には過払い金が100万以上あっということも多いです。
 

知らないと足元を見られるということです。債務が0になれば、その時点から契約の時効はスタートします。0になっているのに時効とは、おかしな感じもしますね。
 

④過払い金請求の時効がスタートします

 

仮に債務0で和解をした場合、「今後過払い金の請求はしません」という内容の書面に署名・捺印を求められることがあります。
 

この契約が終わった日から、過払い金請求権利の時効がスタートすることになります。過払い金が100万ある場合には、個人での交渉でも30%~40%程度は取れるはずです。
 

プロミスはそれをわかっていながら、口には出しませんし、0和解日から5年の消滅時効が開始されるということです。0になればそれでいい。それなら、そのままでよいでしょう。
 

借入金が0に相殺されればハッピーエンドですから。
 

まとめ

 

実例を元に、プロミスでの過払い金請求方法を解説しました。プロミスだけでなく、消費者金融で利用をしていれば、返済が困難になるケースが何度かやってきます。
 

そのような場合、我慢する人が大半ですが、こういった知識を身につけているだけで窮地をしのげることもあります。まずは取引明細を確認することからはじめてみましょう。
 

過払い請求は、権利を行使する人だけが恩恵を受けられます。手続きや計算を面倒に感じる人には酷かもしれませんが、面倒の先には達成感があるはずです。窮地になった場合はこの記事を思い出してください。

街角法律相談所

⇒街角法律相談所で過払い請求の無料相談をする方はこちら