山陰合同銀行が展開するカードローンは、

  • キャッシュバンクネオ
  • ごうぎんDuo(デュオ)カードローン

の2つであり、公式サイトを見ますと、キャッシュバンクネオは乃木坂46のメンバーを起用するなど、一見メイン商品のように思えます。
 

一方、キャッシュバンクネオに比べてやや地味な印象のデュオですが、内容を見るとそのスペックの高さに驚かされるのではないでしょうか?
 

今回は、山陰合同銀行の2大カードローンを徹底比較します。
 

1.金利はどちらが得なのか?


 

金利は、希望限度額によってお得度が変わってきますので、注意深く吟味しなくてはいけません。
 

①デュオの金利は一律なので注意が必要

デュオの金利は4.0%~12.0%と、数字だけを見るとかなり低金利のように思われます。
 

しかし、一般的なカードローンのように、限度額によって金利が下がるという方式ではありませんので、注意しなければなりません。
 

どういうことかと言いますと、4.0%は最大引き下げ後の金利であり、通常は一律12.0%なのです。
 

他のカードローンと比較したとき、100万円以下で12.0%ならばだいぶお得なのですが、最大限度額の500万円でも12.0%ですと高めの金利になってしまいます。
 

②デュオの金利優遇の条件とは?

では、どうしたら4.0%まで金利が下がるのか?と言いますと、Duoカード(ICキャッシュカード一体型クレジットカード)を持っているかどうかで変わるのです。
 

Duoカードには、

  • ゴールド会員
  • 一般会員

の2種類あり、このうちゴールド会員で、山陰合同銀行との取引きにおいて、
 

  • 給与振込または年金受取している
  • 住宅関連ローンまたは住宅金融支援機構を利用している
  • Duoカードの半年間のショッピング利用が30万円以上

の3つをすべてクリアすることで4.0%の金利になります。
 

一律4.0%という超低金利を手に入れるのは、やはり簡単ではありませんね。
 

③限度額によってはキャッシュバンクネオがお得!

キャッシュバンクネオの金利は8.0%~14.5%であり、こちらはデュオのように一律ではありません。
 

ただし、審査によって金利が決定するため、具体的にいくらの限度額でどのくらいの金利となるかは審査後にわかる流れです。
 

一般的には限度額が低いほど上限金利に近く、限度額が高くなれば下限金利に近くなりますから、デュオの優遇にもよりますが、限度額500万円ならキャッシュバンクネオの方がお得になる可能性が高いということになります。
 

2.限度額はコースが多いほうが有利!

 

限度額はどちらも30万円~500万円と同じであるものの、限度額のコースは、

  • デュオ:8コース
  • キャッシュバンクネオ:10コース

と、キャッシュバンクネオの方がコースが多く、デュオには無い、
 

  • 70万円型
  • 250万円型

がありますので、より希望に近い限度額を手に入れるチャンスが高まるということです。
 

デュオは、審査の結果100万円に満たないと判断された場合、30万円か50万円になるということを考えますと、100万円以下を希望する人にとって70万円型の存在は大きいと言えますね。
 

3.100万円以下を即日利用希望ならデュオがおすすめ!

 

契約方法については、どちらも書類を郵送することで来店せずに進めることができます。
 

ただしデュオならば、100万円以下の契約に限りインターネット契約が可能なことに加えて、最短即日融資も可能となるのです。
 

100万円以下に限定して言えば、金利は優遇がないとしてもデュオがお得ですし、この利便性の高さは見逃せません。
 

4.審査基準と必要書類の比較

 

それでは、審査通過率が高いのはどちらなのでしょうか?
 

①申し込み条件の違いとは?

わずかな差ではありますが、

  • デュオ:20歳以上70歳未満
  • キャッシュバンクネオ:20歳以上69歳未満

と、申し込み年齢が異なります。
 

また、デュオは400万円型以上を申し込む場合、年収が限度額の2倍以上必要となることが明記されており、キャッシュバンクネオは特筆されていません。
 

69歳の人ならデュオで申し込みができますし、年収に自信のない人はキャッシュバンクネオがおすすめですね。
 

②保証会社から推測する審査通過の可能性

デュオは山陰合同銀行が独自ノウハウで審査するのに対し、キャッシュバンクネオはエム・ユー信用保証が保証審査を担当します。
 

エム・ユー信用保証はいくつもの銀行の保証審査をしていますから、審査ノウハウが安定していて信頼できますし、柔軟性にも期待大です。
 

銀行カードローンの審査に消費者金融の流れが入ってきて、柔軟性が増している昨今、銀行独自の審査は昔ながらの審査が厳しい銀行ローンというイメージがやや強く、柔軟性に欠ける可能性は否定できません。
 

さらに、一般的には低金利商品は審査が厳しい傾向にありますし、どちらかと言えばキャッシュバンクネオの方が審査通過率は高い可能性があります。
 

③収入証明書類の提出はいくらから必要か?

本人確認書類は誰でもすぐに準備が可能と思われますが、収入証明書に関しては、すぐの準備が難しいという人もいるのではないでしょうか?
 

そうなると、できるだけ大きい限度額を、収入証明書なしで審査してもらえることが重要となってきますよね。
 

そこで2商品を比較してみますと、

  • デュオ:300万円まで収入証明書不要
  • キャッシュバンクネオ:100万円まで収入証明書不要

という違いがあります。
 

書類の準備が困難でも、なるべくたくさんの資金を確保したいと考える人には、デュオがおすすめです。
 

5.山陰合同銀行カードローンの口コミについて

 

口コミは、どちらの商品も概ね高評価であり、大きな不満は見当たりません。
 

デュオに関しては、特に少額利用の人が低金利を喜ぶ声が多数見られましたし、キャッシュバンクネオは、来店不要で契約できるという秘匿性が評価されており、借入れまでに2週間程度の日数を要しても満足しているようでした。
 

契約後におおきな不満が出てこないということは、どちらの商品も利便性が高く使いやすい商品ということなのでしょうね。
 

6.山陰合同銀行カードローンまとめ

 

山陰合同銀行の2つのカードローンをさまざまな角度から比較してみましたが、結論としては、

  • 少ない限度額でもOKならデュオ
  • たっぷりの限度額を希望するならキャッシュバンクネオ

がおすすめです。
 

また、すぐにでも利用したいと急いでいるならば、即日融資可能なデュオをおすすめしますが、限度額は100万円以下に限られてしまいますので、大きい金額を希望している人には向きません。
 

即日融資可能で金額の制限もない銀行カードローンは、こちらで紹介しています。
 

低金利で使いやすい商品が揃っていますから、ぜひご参照ください。