収入証明不要で即日融資できるカードローンとは?

最近、キャッシングの申し込みをしようとすると、やたらと収入証明書という文字を見ませんか?
 

どんな書類を準備したらいいかわからなかったり、準備するのが難しいということもありますよね。
 

収入証明書が必要なら申し込みをやめようと考える人も少なくないことでしょう。
 

では、書類を準備しないで借りることはできるのでしょうか?
 

特に、急ぎでお金が必要な時ほど、書類を探したりという手間は省きたいものです。
 

今回は、収入証明書不要で即日融資できるカードローンについて解説します。

⇒収入証明不要で即日融資できるおすすめのカードローンはこちら
 

1.収入証明書が必要なケースとは?

 

まずは、どのような時に収入を証明する書類が必要なのかを把握しておきましょう。
 

①消費者金融・クレジットカード会社の場合

 

消費者金融やクレジットカード会社のキャッシング審査には、貸金業法が適用されます。(ショッピング取引は割賦販売法のため適用外)
 

貸金業法では、
 

貸金業者が自社からの貸付けが50万円を超える貸付けを行う場合か、複数の貸金業者からの貸付合計が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書面の提出が必要になりました。

引用元:証明書類|貸金業法について

と表記されています。
 

ですから、1社で50万円もしくは2社で100万円以上を希望する際には、必ず収入を証明出来る書類を準備しなくてはいけないということです。
 

②銀行の場合

 

銀行カードローンは貸金業法の適用外ですので、上記のような全行に共通する義務付けはありません。
 

もちろんいくらでも収入証明書無しで審査ということではなく、各銀行で基準を設けており、いくら以上の審査で必要かは各行で基準が異なります。
 

一般的には、収入証明書不要で審査可能な金額は、消費者金融に比べると大きいことが多く、概ね100万円~300万円までは書類無しで審査可能です。
 

③その他

 

ここまでお読みいただいてわかる通り、収入証明書が必要なのは基本的に、一定額以上の限度額を希望した場合ということになります。
 

・各社の基準で書類が必要となることもあります

 

しかしそれ以外にも、収入証明書の提出を求められることがあるので、注意しなければなりません。
 

では、どんな場合かと言うと、
 

金融会社側で、審査に必要と判断した場合
 

という、何とも曖昧な書き方しかできないのが心苦しいところです。
 

・より確実な情報を求めるための手段!

 

各社の判断基準が異なりますので、具体的に明言はできませんが、可能性として考えられるのは、
 

  • 勤務状況の確認が十分にできない
  • 申告年収に信憑性がない

など、審査の決め手に欠ける時の一押しという位置付けです。
 

言われる側としてはあまり気分のいいものではありませんが、審査上必要と言われてしまったら、提出する方向で考えなくてはいけませんね。
 

2.収入証明の提出を拒否したらどうなるの?

 

では、書類の提出を拒否したらどうなるのでしょうか?
 

その場合は、新たな借り入れが制限されます。
 

ただ、限度額だけを確保した状態(残高0円)で、他社に申し込みした時の提出基準は各社異なるようで、利用残高が無くても利用を制限する業者もあれば、制限しない業者もあるようです。
 

※限度額を確保した状態とは:契約後、未出金のままだったり、一度完済してすぐに利用できるような状態のこと。

法律上はあくまでも貸付額が基準なので、自社で残高0円だが他社から100万円借り入れしたら、本来は自社でも収入証明が必要となり、取得するまで利用を制限しなければならない。

信用情報は毎日更新されるわけではなく、他社借り入れが判明するまでにタイムラグが生じる為、利用制限に関しては各社基準が異なる。

 

しかし、制限しなければ借り入れが年収の三分の一を超えてしまうことも予想され、業法違反にもなりかねませんから、おそらくは制限する業者が多いものと思われます。
 

申込者側が収入証明の提出を拒否した時は、利用限度額も制限されると思っておくと間違いないですね。
 

あくまでも、新たな借り入れができなくなるということであり、現在の残高を一括で返済しなければならないということではありませんので、その点はご安心ください。
 

3.どうしても書類が必要だけど、手元に無い!こんな時は?

 

一定額内なら収入証明は必要ありませんが、大きな金額を必要とする時もあります。
 

そんな時は、必然的に書類を準備するしかありませんよね。
 

①いつでも取得できる書類とは?

 

ただ、
 

給与明細書は2ヶ月分必要だけど、1ヶ月分しか手元にない
 

こんな時は、1ヶ月待たなければならないのでしょうか?
 

また、
 

複数の就業先があって、全部の給与明細書が揃わない
 

ということもあるかもしれません。
 

でも、お金はすぐに借りたい!そんな時はどうしたらいいのでしょう?
 

・おすすめの書類と注意点について

 

おすすめなのは、役所に行って所得証明書という書類を取得する方法です。
 

所得証明書ならいつでも取得できますので、源泉徴収票や税額通知書のように発行時期に捉われることがありません。
 

また、複数社から給料をもらっている場合、合算した年収が記載されてきますから、会社ごとの給与明細書を準備するといった手間も省けます。
 

ただし、所得証明書には勤務先名の記載がありませんから、勤務状況を確認するための在籍確認は免れないと考えておきましょう。
 

4.即日融資可能な銀行カードローンについて

 

消費者金融は審査がスピーディーですので、即日融資可能な業者は数多く存在します。
 

しかし、前述の通り、50万円以上希望する場合には収入証明書が必要となるのです。
 

①書類不要でいくらまで借りられるのか?

 

その点銀行カードローンは、収入証明不要の限度額についてはかなり融通を利かせています。
 

書類不要で即日融資できる主な銀行は以下の通りです。

三井住友銀行カードローン
⇒インターネットバンキング(SMBCダイレクト)からの申し込みで300万円まで書類不要

三菱東京UFJ銀行バンクイック
⇒100万円まで書類不要

新生銀行レイク
⇒100万円まで書類不要

みずほ銀行のカードローン
⇒200万円まで書類不要

ソニー銀行カードローン
⇒300万円まで書類不要

イオン銀行カードローンBIG
⇒300万円まで書類不要

※口座保有時のみ最短即日融資が可能です
 

一部条件付きの銀行もありますが、ざっと挙げてもこれだけの銀行が対応してくれているのは心強いですね。
 

5.まとめ

 

以上のように、収入証明不要で即日融資できるカードローンはかなりあります。
 

より多くの限度額を希望する場合には、銀行カードローンがおすすめです。
 

消費者金融でも1社50万円まで、複数社で100万円までの借り入れなら書類不要で審査可能ですから、属性に不安があって柔軟な審査を求める人は、消費者金融の申し込みが向いています。
 

もちろん、収入証明書を準備することで利用額の幅が広がりますし、例えばプロミスなどは、収入証明書提出でポイント付与など独自のサービスを展開していますので、
 

書類の準備ができたら提出を考えてみるのもいいかもしれませんね。

⇒収入証明不要で即日融資できるおすすめのカードローンはこちら