在籍確認なしでキャッシングは可能ですか?

キャッシングの審査をする上で、在籍確認は非常に重要な位置づけとなります。
 

審査対象として、「継続して安定した収入がある」ことは絶対条件であり、それを確認できる一番確実な方法が在籍確認だからです。
 

そのため、多くのサービスで在籍確認は必須事項とされています。
 

そうは言っても、どうしても勤務先に電話をされるのは困るという人だっていますよね。
 

「お金を借りたいけれど、在籍確認だけはやめて欲しい」という人のために、在籍確認なしでキャッシングは可能かどうか調べてみました。
 

1.在籍確認が必要な審査とは

 

まず、在籍確認はどんな審査の時に行われるのでしょう?
 

在籍確認が必要な審査は、新規時と50万円以上の増額審査の時です。
 

50万円以内の増額審査では在籍確認は省略されるケースが多いですが、50万円以上の審査時は在籍確認を必須としているサービスがほとんどです。
 

そもそも在籍確認とは、本人確認と返済能力の調査の一環として行われるものですので、省略すればするほど貸金側のリスクは高くなります。
 

最近はリストラや非正規雇用者が増えていて離職率も高くなっていますので、在籍確認をしないで貸し付けをするのはかなりの危険行為であるといえるでしょう。
 

だからこそ、金額が大きくなる50万円以上の増額審査時の在籍確認は避けられないと考えた方がいいかもしれません。
 

しかし、それでは顧客ニーズに応えられないのも事実です。
 

債務者にとっても、在籍確認は会社にバレてしまうというリスクがありますから、新規時の審査に限り柔軟な対応をしているサービスも存在します。
 

2.柔軟な対応が可能なキャッシングサービスとは

 

新規時に柔軟な対応をしてくれるキャッシングはいくつかあります。
 

  • プロミス
  • ノーローン
  • アイフル

 

などのキャッシングは比較的柔軟に対応してくれます。

(※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。)
 

プロミス以外のサービスについては、場合によっては在籍確認をすることもあるようですが、もちろん無断で会社に電話することはありません。
 

在籍確認が必要な旨の説明と在籍確認を取ることの了承を得た上で、在籍確認を実施してくれます。
 

3.在籍確認なしを希望するときに必要な書類とは

 

実際に電話して勤務の確認ができないわけですから、客観的に勤務が確認できる書類が必要となります。
 

では、必要な書類や書類を準備する上での注意点などを具体的にご説明しましょう。
 

①必要書類

 

具体的には、以下のような書類が必要になります。
 

  • 健康保険証(国保以外)
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 社員証

 

②書類を準備するときの注意点

 

源泉徴収票や給与明細書は最新のものが必要になります。
 

給与明細書に至っては、直近2~3ヶ月分を必須としている場合もありますから、事前に確認しておくとよいでしょう。
 

社名の記載がないものは採用されない可能性が高いので、注意しなければなりません。
 

いくつかの会社を掛け持ちで働いているならば、全ての会社の給与明細書を準備することも忘れないようにしましょう。
 

③書類を準備するメリット

 

持参した書類だけで勤務状況の確認ができれば、申し込み当日に勤務先が定休日だったとしても、即日融資も可能になるというメリットがあります。
 

せっかく在籍確認を了承した場合でも、当日に電話で確認が取れなければ出金できないのです。
 

急ぎでお金が必要なのであれば、たとえ在籍確認がOKだったとしても、在籍確認に匹敵する書類は事前に準備した方がよいと言えるでしょう。
 

また、限度額についても、書類を準備することによるメリットがありますので、次で詳しくご説明します。
 

4.やむを得ず在籍確認を承諾するなら新規時がベスト!

 

せっかく書類を準備しても、「やはり在籍確認も必要です」と言われることもあるかもしれません。
 

「一度だけなら在籍確認もやむを得ない」と納得できるのであれば、新規時の在籍確認がベストです。
 

なぜなら、すでに収入証明書も準備している状況ならば増額審査もできてしまうからです。
 

前述したように、50万円以上の増額審査時は在籍確認を避けることはほぼ不可能と考えてよいでしょう。
 

それならば、新規の時点で50万円以上の審査も一緒にしてもらえばいいのです。
 

もし追加で入用になった時、増額審査時の在籍確認を避けたいがために、50万円未満なら在籍確認をしないキャッシングに新たに申し込みをして借入件数を増やしてしまうのは得策ではありません。
 

借入件数が増えることで信用が下がり、希望額を融資してもらえない可能性も高まってしまうからです。
 

できるだけ少ない件数で、希望金額を用立ててもらうことを考えましょう。
 

新規申し込み時点で50万円以上を必要としていなくても、収入証明書類を持参して50万円以上の審査も一緒にしてもらい、利用枠を確保するというのも一つです。
 

ただし、利用枠があるとつい使いすぎてしまう危険性があることと、新規時は信用がゼロですから、増額審査は厳しめになっている可能性があることを覚えておかなくてはなりません。
 

「長年利用していれば150万円まで審査が通るはずだったのに、新規だったから80万円までだった」という可能性もあるかもしれないのです。
 

以上のように、在籍確認なしでキャッシングをすることは可能です。
 

必要書類を揃えることでメリットも増えますから、できるなら新規時に社名の記載がある収入証明書(源泉徴収票・給与明細書等)は持参した方がよいでしょう。
 

ただし、書類を揃えたからと言って必ずしも在籍確認なしでいけるとはかぎりません。
 

場合によっては在籍確認することもあるという心積もりと、在籍確認なしの場合は希望限度額に届かないこともあるということは認識しておいたほうがいいかもしれませんね。